Sponsored Link

2007年03月12日

コラーゲンの目疲れに効果

コラーゲンは、目の角膜にも多く含まれています。
コラーゲンのたくさん入った角膜は、
外側の細菌やウイルスなどから目を保護しています。

コラーゲンが減って、角膜が病気になると、
角膜の表面に傷ができたり、
白く濁ったりします。

また、角膜のまわりのの白く見える結膜が充血したりします。


角膜にできた傷が深くなると、白い混濁を残します。
この角膜の濁りが瞳孔の前にできてしまうと、
視力が悪くなります。


その他角膜炎になると、
角膜のまわりに充血が起きます。
角膜炎は、コラーゲンが不足してなることもあります。

毎日、コラーゲンを体内に取り入れて、
目を大切に保つことが大事ですね。


ETC購入体験
posted by ちほりん at 04:00| コラーゲンの目疲れ効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byコラーゲンのアンチエイジング効果All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。