Sponsored Link

2007年03月11日

コラーゲンが不足すると?

コラーゲンは、年をとると減っちゃうんですね(涙)。
だからコラーゲをとれば、
逆にアンチエイジング(若返り、老化防止)効果がある、
っていわれるんですよね!


コラーゲン不足になったまま年を重ねると、
コラーゲンは少ない量で自分の役目を果たそうとして、
コラーゲンを太く、硬くしていきます。

コラーゲンが変質するんです。


コラーゲンが硬くなると、
繊維質のコラーゲンが繊維質の中に蓄えていた水分が外に出て行ってしまいます。
そのためお肌にシワができたり、たるんじゃったりするんです(トホホ)。

若いときのコラーゲンは、
繊維が細くてやわらかいんですよね。


その他コラーゲンが不足すると、
血管も柔らかさを失ってきます。
そのため、高血圧になりやすいそうです。

血のめぐりが悪くなるので、
歯ぐきが衰えて、歯が弱くなるし、
髪の毛1本1本にも毛細血管が通っていますから、
髪の毛も抜けやすくなるし、枝毛や切れ毛も多くなります。

それから爪がもろくなったり、
骨や軟骨が弱くなったりします。


分娩費用がクレジットカードで払える病院
posted by ちほりん at 11:51| コラーゲンが不足すると? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byコラーゲンのアンチエイジング効果All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。