Sponsored Link

2007年03月12日

コラーゲンとビタミンCでアンチエイジング効果

コラーゲンを魚やお肉で摂取するとき、
ビタミンCと一緒にとると、
コラーゲンのアンチエイジング(若返り、老化防止)効果が高まりますよ。

コラーゲンはお肉、魚に多く含まれているので、
必然的に野菜と一緒に食べることがおすすめなわけですが、
野菜の中でもビタミンCを多く含むレモンやブロッコリー、パセリ、ピーマンなどを一緒に食べましょう!


たとえば、
コラーゲンの豊富な地鶏軟骨スープや豚骨スープなどに、
パセリを添えましょうね。



コラーゲンが体内に入ると、
コラーゲンは胃腸などで消化・分解され、
アミノ酸となってから吸収されます。

アミノ酸になったコラーゲンを材料にして、
体のコラーゲンがつくられます。
おもしろいですね。


コラーゲンを体内で作るには、
アミノ酸からまず未熟なコラーゲンが作られます。

それから成熟したコラーゲンになっていくのですが、
ビタミンCは、
未熟なコラーゲンから成熟したコラーゲンが作られるときに、
その合成を橋渡しをする役目を持っているんです。

なので、
ビタミンCがあると体内のコラーゲンが増えて、
アンチエイジング効果が高まるのです。


無料で一ヶ月DVDをTSUTAYAで借りちゃおう!

posted by ちほりん at 00:00| コラーゲンを食べるアンチエイジング効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

コラーゲンを食べるアンチエイジング効果

コラーゲンを食べて、アンチエイジング(若返り、老化防止)効果を高めよう♪

コラーゲン鍋って、今、人気です(爆)。
コラーゲンをたっぷり食べて体に摂取できる、お鍋!


コラーゲンたっぷりの地鶏にスープに、
お野菜や鶏肉、つくね、
または軟骨鶏つくねや粗挽き豚つくねを入れたもの。

コラーゲンたっぷりの地鶏スープに、
鶏肉のしゃぶしゃぶ!

コラーゲンたっぷりの地鶏スープを1日コトコト煮込み、
おそばやスープお茶漬けにしたもの。

コラーゲンたっぷり自慢スープに、
鶏肉のワンタンを入れたワンタン鍋。


うわ〜。おいしそう!!



さて、私たちは昔からコラーゲンを食べてきたんですが、
最近はあまり、コラーゲンたっぷり食品を食べない傾向になっています。

コラーゲンは長中やお肉に入っていますが、
特に皮や骨にはたくさんのコラーゲンが含まれているんです。
しかしコラーゲンの入っている部位は資質が多いこともあり、
ダイエットやコレステロールの心配などで、
食べない人が増えています。

またコラーゲンは、魚は煮こごりなどの煮汁に多く含まれますが、
魚のコラーゲンたっぷり煮汁を飲んだり、
アラ炊きをしたりする家庭も少なくなりました。


ちなみに魚の刺身は、
変性温度が低いので体内でゼラチン化しやすいので、
レアのお肉よりもコラーゲンの消化吸収がいいようです。


納豆ダイエット? あるある大事典U捏造
posted by ちほりん at 12:51| コラーゲンを食べるアンチエイジング効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byコラーゲンのアンチエイジング効果All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。