Sponsored Link

2007年03月13日

コラーゲンと骨のアンチエイジング効果

コラーゲンは、骨粗鬆症(こつそそうしょう)にも関連があります。
骨は、約2/3がカルシウムやリンなどでできていますが、
残りの1/3の約90%はコラーゲンでできているんです。

だから骨粗鬆症の原因はカルシウム不足といわれますが、
コラーゲン不足もあるんです。


骨粗鬆症は、
骨のカルシウムが流れ出して骨がもろくなる症状です。

骨を強くするために、
骨折しにくくするために、
ビタミンDとカルシウムを摂取しようといわれます。

しかしコラーゲンを一緒にとることで、
骨は強くなるんです。


コラーゲンは骨の中で、
カルシウムやリンなどをつなぎとめる役割をしています。

しかしコラーゲンが不足して、
残っているコラーゲンが古くなると、
カルシウムやリンとの接着力が弱まってしまいます。

そうなると、せっかくカルシウムを補給しても、
カルシウムが骨に定着しないというわけです。


医療費をクレジットカードで払える病院

posted by ちほりん at 00:00| コラーゲンと骨のアンチエイジング効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© byコラーゲンのアンチエイジング効果All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。